W-tap BLOG

W-tapでは壁貫通HIT取れます

寒い寒い言うて表にも出ず

出たかと思えば車でアメ村のヴィレヴァンに行き、そこからドンキに行き

変なものを買い漁り、帰路の途中にある成城石井で酒を買い

家に帰ったらヴィレヴァンで買った本を読みならが酒を飲む

アテはドンキで買ったヤツ

ちなみにドンキで買ったのはお菓子と折りたたみ椅子



昨日はそんな休日でした



まいどです、BISKEです

たまにはダラシナイ休日もいいですね

言うて普段きっちりしてるワケでもないんですが



ちなみに本来の目的は

ヴィレッジヴァンガード⇒退社するスタッフへのプレゼントを買いに

ドンキホーテ⇒椅子が壊れたので取りあえず座れて場所をそんなにとらない代用品探しに

成城石井⇒お酒が減ってきたのでなくなる前に補充、それと無性にピスタチオが食べたくなった

です



犬も歩けば棒にあたるように

BISKEも出かければ何かしらに出会います

お金に余裕がそんなにないのに

色々買ってしまいました・・・・



お財布がピンチです




そんなわけで最近あまりポーチもバッグも買ってません

買っちゃった商品紹介ブログも出来ません



なのでそんなにお金のかからない実験をしようと思います

暇でなおかつスペースがあって安全が確保された空間をお持ちの方はやってみましょう



☆用意するもの☆

・ハンドガン

・アサルトライフル

・弾、ガス

・ゴーグル

・適当な台

そしてダンボール


はい、どんな実験をしますかと言いますと・・・

W-tapのフィールド内にはところどころにダンボールで出来た壁や障害物があります

僕がやりました

何故かと言いますと



実弾はすごい勢いで飛びますよね

そこら辺にある家具・壁

5.56mm弾なら車のボディー・ピラーも貫通します

Iphoneなんかそりゃぁ一発で壊れちゃいますよね



対してエアソフトガン、国内規制対応のモノはベニヤ板すら貫くことが出来ない

お肌に優しいものになってます

それでも当たったら腫れたりするから1J越えの銃でサバゲしてる外国人凄いですよね


見えないところから弾が貫通してくるという

実銃で行われる戦闘では大事な要素

これを再現できないかと用意してみたのがダンボール



イベント戦ではダンボールだらけでかなりウザいフィールドになりますが

結構皆さん楽しんで頂いてるようで

これを更に面白くすべく、改良を施したりしています



その改良の最中にでてきた疑問



そもそもダンボールて

ドンくらいの防弾性能持ってんの?





そう、ぼくはこれを理解しないまま使ってました

どのくらいの弾速で当たってきたら弾を止め

どのくらいの弾速で当てたら貫通するのか




調べましょう



用意したのは私物



LCT AK-104(商品名であって正しくは105、105として販売されてる方はマルイと同じスケルトンストックのもの)

東京マルイ G22


AKの弾速は88-89

G22は70-73



この2つを使って実験しようと思います

しかし一人なので途中の写真が取れず結果のみの報告




左半部はテープで補強したダンボール

右半分は何もしてないダンボール

下が至近距離、銃口と段ボールの距離が5cmくらいの位置で撃ったもの

上は5mくらい離れて撃ったもの




至近距離で撃つとどちらも貫通します



補強した方


AKはほぼ全て貫通

1発が突き刺さって止まりました


G22は突き刺さって止まって一発も貫けずでした






上列、5mくらい離れて売った場合


補強されてない方

AKは余裕で全弾貫通

向こうの的にもしっかりあたってます

問題ないですね


G22もなんとか貫通、的にも一応当たりますがAKに比べて音が小さいので失速してますね

半数がダンボールに刺さって止まってしまってます


つまりハンドガンでダンボール壁の向こうの敵を撃つならこれくらい近づいて

なおかつ結構な量を叩き込む必要がある、と言う事ですね



続いて補強した方


AKがここにきて半数止められてしまいました

しかし半数は貫通してますね



G22の弾は凹むだけで全て弾かれてしまってます

少し離れたらハンドガンでダンボール壁越しに敵を倒すのは無理そうです

それどころか自分で撃った弾が跳ね返ってきてHITになる可能性もありますね




ちなみにダンボールのさらに5m向こうに的として使ってる直径15cmくらいの丸い鉄板を置いてます

それにあんまり当たらない、僕の腕の問題もあるんでしょうけど

弾がダンボールに阻まれて逸れるわけです

ただゲームでは人を撃つので問題ないですが、ダンボールの向こうの敵がそこからさらに離れていたら話は別





続けて12mくらい離れて撃ちます

ダンボールが遮蔽物として存在する場所での交戦距離はこのくらい



結果、まずはAK



半分以上貫通

しかし少数とは言え弾は止められています

貫けた弾に関しては多少の失速あるものの全然飛んでます



補強した方は逆に殆ど貫通せず

貫けた弾も結構失速気味




続いてG22





どちらも貫通出来ませんでした

こうなると弾速がある程度出ていないと無意味で

長物でも結構近寄らないと止められてしまいます



と、こんな感じです

普通のダンボールの壁と、補強されたもの

この二種類がフィールドには展開されていきます

イベント戦ではプレイヤーが任意の場所にこの壁を設置出来るようになるので

毎ゲームごとに違うフィールドになってしまいます


面白そうですね


ぼろぼろになってしまうとか気にせず

貫通させることが出来る壁の向こうに敵が見えたら

オーバーキルにだけ気を付けて撃ってやってください

撃たれた人は全力でHITアピールしてください




ダンボールの壁を付けだしてからよく言いますが

遮蔽物には隠蔽(いんぺい)と掩蔽(えんぺい)があります


隠れる事が出来るけど弾は止める事が出来ないやわらかい壁

これが掩蔽


隠れられるし、弾も貫けてこない堅い壁

これが隠蔽


上手く使えば見えないところから攻撃できます

かといって過信は禁物、コチラから撃てると言う事は

向こうからも撃てます

しかし使う銃器や壁やその先の対象との距離で制度や貫通力は大きく変わります


初心者殺しな所はありますがゲームの難易度は一気に上がります

より実践に近いゲームを、お楽しみください











同じカテゴリー(スタッフのつぶやき)の記事画像
夏のSAYにしてゴメンネ♡
返す言葉もございません
お誕生日でした
再入荷予定!
夏を逃してしまうわ
#デブ活 #デブレスパイラル
同じカテゴリー(スタッフのつぶやき)の記事
 夏のSAYにしてゴメンネ♡ (2017-08-02 15:10)
 返す言葉もございません (2017-07-31 15:47)
 お誕生日でした (2017-07-28 14:58)
 再入荷予定! (2017-07-27 13:50)
 夏を逃してしまうわ (2017-07-26 20:08)
 #デブ活 #デブレスパイラル (2017-07-21 14:17)
BLOGトップへ